FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月31日 ウエノソノ&モリワキの『やってみんと!』

~大阪・十三発!月刊フリートークライブ~

出演:上ノ薗公秀(ラジオディレクター)
   モリワキナオシ(構成作家・オフィス元気)

お気楽に生きる名も無き2人が
最近周りであったどぅでもいい話をやいやい語るイベント。
1カ月に1度行うトークライブも、ついに第10回目!
2012年1月のテーマは「社会と学歴」でした。

やってみんと1月

次回の『やってみんと!』は2月27日(月)開催です!!

くわしくはこちら→ シアターセブンのサイトへ

http://www.theater-seven.com/2012/b2_120227.html
スポンサーサイト

1月29日 Forum7 #7

『黒川創×北沢街子×瀧口夕美
 「アイヌのユリ子さん」上映会&トークLIVE』

出演:黒川創(作家)
   北沢街子(映画「アイヌのユリ子さん」監督)
   瀧口夕美(映画「アイヌのユリ子さん」企画立案・出演者)

[進行] 今井一(ジャーナリスト)

forum7#7-黒川創×北沢街子×瀧口夕美

1月28日 Forum7 #6

『中尾ハジメ×黒川創 レクチャー&トーク』
 ~福島第一原発事故から10カ月──いま進行しつつある危機について~

出演:中尾ハジメ(『原子力の腹の中で』著者)
   黒川創(作家)

[進行] 今井一(ジャーナリスト)

forum7#6-中尾ハジメ×黒川創 1

forum7#6-中尾ハジメ×黒川創 2


「VEIN-静脈-」渡邊世紀監督トーク

「VEIN-静脈-」渡邊世紀監督トーク
2012年1月28日(土)、29日(日)16:30~

唯一無二の人形舞台芸術を繰り広げる「百鬼どんどろ」岡本芳一さんの衝撃的な舞台を映像化した「VEIN-静脈-」。
岡本さんと互いに刺激を与えあい、結果として岡本さんの遺作となった本作を結実させた、渡邊世紀監督が初日、2日目と劇場にお越しになり、制作の裏話や岡本さんの人となりをお聞きしました。

2日間、重複もありますのでまとめてお伝えします。

「VEIN-静脈-」渡邊世紀監督トーク

そもそも、渡邊監督が岡本さんに出会ったのは、「百鬼どんどろ」の記録映像を依頼されたからでした。
それまで渡邊監督は「百鬼どんどろ」のことを知らなかったそうです。

取材を進める中でどんどん興味が湧いていき、仕事とは切り離した形で岡本さんの本拠地、「どんどろハウス」に乗り込みます。
この辺りのことは同時上映のドキュメンタリー「人形のいる風景-ドキュメント・オブ・百鬼どんどろ(追悼特別版)」にも描かれています。

ドキュメンタリーでは岡本さんと渡邊監督の良好な関係が見てとれますが、監督いわく、「尋ねたことには気さくに答えてくれますが、人間臭い、踏み込んだ部分はあまり聞けなかったし話せなかった」そうで、最初は「また、渡邊世紀とかいうのが来るらしいよ…」という言い方をされていたそうです。

それでも2人は通づる部分が多かったようで、渡邊監督もどんどん岡本さんに惹かれていきます。

「人形のいる風景」の最初の編集に2年を費やし、その完成の間近に岡本さんの新作舞台「VEIN-静脈-」を観て、渡邊監督は衝撃を受けます。
それまでの動きが多く耽美的な作品から一転、微妙な動きの中でこれまでにない「痛み」を表現する試みに、多くのどんどろファンが戸惑う中、渡邊監督は決定的に共感したそうです。

そして、「VEIN」を組み込まないと「人形のいる風景」は完成しない、と急遽組み込み、やっと完成、上映されます。

その後どちらともなく「VEIN」の映像化を話題にし、いよいよ映画化へと動き出します。

映像化に際し、
・舞台での表現はなるべくそのまま使用すること
・映像化によって、観客の自由度を奪わないこと、むしろさらに想像力をかきたてさせること
・映像にしかできないことを突き詰めること
といったことを考えて進めていったそうです。

岡本さんはイメージがはっきりしている部分は絵コンテも描いてきて、そのまま採用したシーンもあるそうです。
だんだん岡本さんが映像に関してプロのような物言いになっていったといいます。
(絵コンテは「人形のいる風景」で一部映っています)

映像にしかできない究極のものとして、ロケーションでの撮影も組み込みました。
雪の中、岡本さんは裸足で撮影に挑み、足跡をつけないように遠回りしたり大きくジャンプさせられたりと、かなり大変だったそうです。

こうした映像化へのこだわりがどう結実しているかは、是非本編で確かめてみてください。

岡本さんからは、舞台版を経ないオリジナルでの第2作を、という夢が語られたそうです。
映像ベースで考えられた「百鬼どんどろ」がどんなことになっていたのか、観てみたかったです。

「VEIN」の世界からなかなか抜け出せなかったという渡邊監督ですが、今年は作品をたくさん撮っていく予定で、すでに東京に帰ったらすぐ撮影するものが動いているそうです。
お忙しい中2日間もお話を聞かせていただいて、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

作品に真っ直ぐ向き合い、築いた人間関係を本当に大切にする方だと感じました。
これからのご活躍を期待しています。

img_movie_vein01.jpg
「VEIN-静脈-」
「人形のいる風景-ドキュメント・オブ・百鬼どんどろ-(追悼特別版)」
は、
2/3(金)まで連日14:50~ 上映中です。
シアターセブンHPへ→
http://www.theater-seven.com/2012/movie_vein.html

1月17日 「その街のこども 劇場版」上映+トーク

「その街のこども 劇場版」上映+トーク
2012年1月17日(火) 19:00~

「その街のこども 劇場版」京田光広プロデューサー、阪神淡路大震災のご遺族の若林雅子さんにご参加いただき作品のこと、震災のことをお話ししました。

まず、京田プロデューサーに作品について伺いました。
「その街のこども」トーク1
「その街のこども」はその制作の前年、た震災関連のドキュメンタリーで森山未來さんを起用し、そこから「普通の人」が抱いている震災への想いの繊細な部分を描くためにドラマとして作品ができないかとの企画が立ちあがったということです。そこには通常のテレビドキュメンタリーではむしろ描く事ができないことを、どうにか映像表現として実現させるというチャレンジがありました。その背景に、震災当時東京から大阪に戻った京田さんが、震災から3日間を取材にあて、両親と一緒にいることを後回しにしたことに罪悪感とも後悔ともいえるような気持ちを持ち続けていたということがあったそうです。

最初から劇場での公開を目指していたのかお聞きしたところ、より多くの人に繰り返し届けることのできる劇場公開という形を考えながら制作をしていたとのこと。

震災という枠に捉われない普遍的な作品になっていると思いますとお伝えすると、それもまた目指していて、震災に遭われた方、間接的にでも傷ついていらっしゃる方に届く、ということと両方を実現させたかったそうです。

途中から、若林さんにご登壇いただき、ご自身のこと、作品への想いについてお聞きしました。
若林さんの体験についてはNHKさんの「リエゾン被災人」というサイトに手記を寄せられています。
http://www.nhk.or.jp/hisaito/
(手記「40代女性 兵庫県神戸市」)
「その街のこども」トーク2
試写会で観た「その街のこども」には他の震災を扱ったドラマにはなかった自分の抱えている想いに通ずるものがあったそうです。さらに、京田さんと電話でお話した時に、それまであまり語ることのなかったご自身の話をしたのは、京田さんがおっしゃった親を放っておいた3日間への後悔というものがあったからではなかったかと、今日のお話を聞いて思われたそうです。

お客様からの質問、感想も受け付けました。

登場人物の中に本当のご遺族を起用した点について、当初役者で、と考えていたところ、脚本の渡辺あやさんよりそのシーンは本当のご遺族を起用してこそ成立する、と怒られてしまったと明かしてくれました。

タイトルについては「街」「こども」というキーワードが先にあり、あとは響きのよさで付けたとのことです。

さらに、ご自身の体験についてお話される方もいらっしゃって、京田さん、若林さんは丁寧に会話をしていただきました。
震災17年目を迎えた当日に、何か暖かく前向きなものを作品を通じて共有できた時間になったのではないかと思います。

トーク終了後も京田さん、若林さんは気さくにお客様とお話を続けられていらっしゃいました。
予定時間をだいぶオーバーしてしまった中で、本当にありがとうございました。

作品は東日本大震災を経て、年を重ねるごとに意味合いがどんどん変化していく気がしますので、多くの方に大切に見続けてもらえたら、と思います。

『その街のこども 劇場版』は1/27(金)まで連日13:10~上映しております。
シアターセブン ホームページへ

館内には、1月17日にシアターセブンのスタッフが東遊園地で撮影した「1・17のつどい」の写真も掲示しております。
「その街のこども」トーク3

1月14日 竹内義和×石野桜子 トークLIVE

『枯れた蘭と私と変態と #3』

出演:竹内義和
   石野桜子

枯れた蘭と私と変態と #3


次回 第4回、公演決定です!!

2月25日(土)
竹内義和×石野桜子 トークLIVE
『枯れた蘭と私と変態と #4』


くわしくは シアターセブン ホームページ

1月13日 兵動大樹にたりない13のパーツ

2012年 毎月13日は兵動大樹day!
『兵動大樹にたりない13のパーツ』

出演:兵動大樹(矢野・兵動)

お楽しみゲスト:コラアゲンはいごうまん

兵動大樹にたりない13のパーツ1-1

兵動大樹にたりない13のパーツ1-2

兵動大樹にたりない13のパーツ1-3

記念すべき第1回目!もちろん兵動さんの爆笑トークは全開

そして今回、兵動さんに足りないパーツは「うたれ強さ」?
というわけで「うたれ強い」ゲストにコラアゲンはいごうまんさんが登場!
爆笑体験トークと、ためになる深い経験談、そして「うたれ強さ」の秘訣を持って来ていただきました。


★コラアゲンはいごうまんさんの全国ツアー『僕の細道』の関西公演があります!

1/28(土) 滋賀 ファブリカ村                  
1/29(日) 兵庫 Live Spot オールディーズ
2/1 (水) 大阪 曽根崎 TRASH
2/3 (金) 京都 ひいらぎ眼科2F イベントスペース

で行われるそうです。
詳しくはワハハ本舗さんのHPをチェックしてください!

ワハハ本舗 公式サイト
http://wahahahompo.co.jp/index.html

テーマ : ライブレポ
ジャンル : お笑い

リンク
シアターセブン
シアターセブンのサイトへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。